初期ルネサンス画家一覧

フラ・アンジェリコ(1395-1455)イタリア

透明で華麗な色彩、清澄な表現に独自のスタイルを築いた。…

マサッチオ(1401-1428)イタリア

リアルな人間像と深い感情表現、初期ルネサンスの最も重要な開拓者。…

フィリッポ・リッピ(1406-1469)イタリア

優美な線描や動的な表現は弟子のボッティチェリに受け継がれた。…

ピエロ・デラ・フランチェスカ(1412-1492)イタリア

幾何学を応用した理知的な空間構成には静謐な詩情が満ちている。…

ポライウォーロ(1429-1498)イタリア

解剖学的な知識を基にした人体表現が特徴。…

ベッリーニ(1430-1516)イタリア

宗教画の背景描写がみずみずしい、門下にジョルジョーネ、ティツィアーノがいた。…

マンテーニャ(1431-1506)イタリア

強靭な線描はフィレンチェ派から学んだ。…

ヴェロッキオ(1435-1488)イタリア

ありのままの人体の美しさを表現。フィレンチェの工房にはダ・ヴィンチがいた。…

ボッティチェッリ(1445-1510)イタリア

繊細な流れるような線で描かれた憂いを秘めた女性像は際立っている。…

マサッチオ作品一覧

三位一体(1427)マサッチオ/正確な幾何学式遠近法によって描かれた最初の作品

正確な幾何学式遠近法によって描かれた最初の作品

この絵は鑑賞者が見上げた時、もっとも立体的に見えるような遠近法で描かれている。マサッチオは1427年ごろにフィレンツェのドミニコ会派サンタ・マリア・ノヴェッラ教会に『聖三位一体』を制作する依頼を受け、建築家ブルネレスキの協力を得てこの作品を仕上げた。この『聖三位一体』は『貢の銭』と並んでマサッチオの代表作といわれている。

初期ルネサンス三大芸術家の作品に相応しい重要な作品

ドナテロとブルネレスキは建築家、マサッチオは画家。

三位一体とは

三位一体は、「父・子・聖霊」の三つが一体となった「唯一神」であるとするキリスト教の教え。

石棺に横たわる骸骨

骸骨の上の壁面には「過去の私は現在の貴方であり、現在の私は未来の貴方である」という銘が刻まれている。この骸骨は人間に死をもたらしたアダムを容易に連想させ、この作品を観るものに現世がいかに儚いものであるかを認識させる役割を果たしている。

アメリカの美術史家メアリ・マッカーシーの言葉

「極端なまでに理詰めに描かれたこのフレスコ画は、あたかも哲学や数学の証明問題のようだ」

PAGE TOP