初期ルネサンス画家一覧

フラ・アンジェリコ(1395-1455)イタリア

透明で華麗な色彩、清澄な表現に独自のスタイルを築いた。…

マサッチオ(1401-1428)イタリア

リアルな人間像と深い感情表現、初期ルネサンスの最も重要な開拓者。…

フィリッポ・リッピ(1406-1469)イタリア

優美な線描や動的な表現は弟子のボッティチェリに受け継がれた。…

ピエロ・デラ・フランチェスカ(1412-1492)イタリア

幾何学を応用した理知的な空間構成には静謐な詩情が満ちている。…

ポライウォーロ(1429-1498)イタリア

解剖学的な知識を基にした人体表現が特徴。…

ベッリーニ(1430-1516)イタリア

宗教画の背景描写がみずみずしい、門下にジョルジョーネ、ティツィアーノがいた。…

マンテーニャ(1431-1506)イタリア

強靭な線描はフィレンチェ派から学んだ。…

ヴェロッキオ(1435-1488)イタリア

ありのままの人体の美しさを表現。フィレンチェの工房にはダ・ヴィンチがいた。…

ボッティチェッリ(1445-1510)イタリア

繊細な流れるような線で描かれた憂いを秘めた女性像は際立っている。…

マサッチオ作品一覧

楽園追放(1427)マサッチオ/画中の光と礼拝堂の自然光を巧みに利用

画中の光と礼拝堂の自然光を巧みに利用

楽園追放は天使に追い立てられて嘆き悲しみながらエデンの園から追放される、アダムとイヴを描いた作品である。禁断の果実を食べて恥という概念を認識したアダムが両手で顔を覆い、イヴが自身の身体を隠しているこのフレスコ画は、後年のミケランジェロにも多大な影響を及ぼしている。

画中の光は、礼拝堂に射す自然光の方向と一致

アダムの慟哭を腹部の筋肉で表現

デフォルメされた悲しみの表情

PAGE TOP