初期ルネサンス画家一覧

フラ・アンジェリコ(1395-1455)イタリア

透明で華麗な色彩、清澄な表現に独自のスタイルを築いた。…

マサッチオ(1401-1428)イタリア

リアルな人間像と深い感情表現、初期ルネサンスの最も重要な開拓者。…

フィリッポ・リッピ(1406-1469)イタリア

優美な線描や動的な表現は弟子のボッティチェリに受け継がれた。…

ピエロ・デラ・フランチェスカ(1412-1492)イタリア

幾何学を応用した理知的な空間構成には静謐な詩情が満ちている。…

ポライウォーロ(1429-1498)イタリア

解剖学的な知識を基にした人体表現が特徴。…

ベッリーニ(1430-1516)イタリア

宗教画の背景描写がみずみずしい、門下にジョルジョーネ、ティツィアーノがいた。…

マンテーニャ(1431-1506)イタリア

強靭な線描はフィレンチェ派から学んだ。…

ヴェロッキオ(1435-1488)イタリア

ありのままの人体の美しさを表現。フィレンチェの工房にはダ・ヴィンチがいた。…

ボッティチェッリ(1445-1510)イタリア

繊細な流れるような線で描かれた憂いを秘めた女性像は際立っている。…

フラ・アンジェリコ作品一覧

受胎告知(1440)フラ・アンジェリコ/約束事が省かれた簡素で静謐な受胎告知

約束事が省かれた簡素で静謐な受胎告知

中世の『受胎告知』と違い、聖霊を表す鳩や、聖母マリアの純潔の象徴である百合は描かれていない。鳩はマリアの頭上のメダイヨンの中にかすかに見えるだけ。『受胎告知』はサン・マルコ修道院2階の僧房の壁面に描かれている。絵の下には「この前を通って汚れなき聖なる処女の御姿を仰ぐとき、アヴェ・マリアを唱えることを忘れぬように」と書かれている。

マリアの処女性について独特の表現

通常、受胎告知の場面でマリアの処女性を表すのは白百合だが、フラ・アンジェリコは「周囲を壁が囲む、閉ざされた空間」で表現した。

受胎告知とは

処女マリアに天使のガブリエルが降り、マリアが聖霊によってキリストを妊娠したことを告げ、またマリアがそれを受け入れることを告げる出来事。

聖母マリアのポーズ

両手を前で交差させた聖母マリアの敬虞なポーズ。

マサッチオに学んだ遠近法

遠近法に従って描かれた建物は、この修道院の中庭の柱廊そっくりであるため、『受胎告知』がまさにここで起こっているかのような印象を与えている。

PAGE TOP