初期ルネサンス画家一覧

フラ・アンジェリコ(1395-1455)イタリア

透明で華麗な色彩、清澄な表現に独自のスタイルを築いた。…

マサッチオ(1401-1428)イタリア

リアルな人間像と深い感情表現、初期ルネサンスの最も重要な開拓者。…

フィリッポ・リッピ(1406-1469)イタリア

優美な線描や動的な表現は弟子のボッティチェリに受け継がれた。…

ピエロ・デラ・フランチェスカ(1412-1492)イタリア

幾何学を応用した理知的な空間構成には静謐な詩情が満ちている。…

ポライウォーロ(1429-1498)イタリア

解剖学的な知識を基にした人体表現が特徴。…

ベッリーニ(1430-1516)イタリア

宗教画の背景描写がみずみずしい、門下にジョルジョーネ、ティツィアーノがいた。…

マンテーニャ(1431-1506)イタリア

強靭な線描はフィレンチェ派から学んだ。…

ヴェロッキオ(1435-1488)イタリア

ありのままの人体の美しさを表現。フィレンチェの工房にはダ・ヴィンチがいた。…

ボッティチェッリ(1445-1510)イタリア

繊細な流れるような線で描かれた憂いを秘めた女性像は際立っている。…

ベッリーニ作品一覧

ピエタ(1460)ベッリーニ/イエスの苦しみに感情移入できる作品

イエスの苦しみに感情移入できる作品

三人を上半身だけ描く事で、絵を見る人は聖人により近づけたと感じる。ベッリーニ初期の最高傑作。

ピエタ

死んで十字架から降ろされたキリストを抱く母マリア(聖母マリア)の彫刻や絵の事を指す。ヴェネツィア派の確立者ジョヴァンニ・ベッリーニが、その画業の初期から晩年期に至るまで取り組み続けた主題。

磔刑のあと

マリアの表情

PAGE TOP