初期ルネサンス画家一覧

(1395-1455)イタリア/神の思し召しによって絵を描く マサッチオ(1401-1428)イタリア/平面に初めて三次元空間を再現、ルネサンスの生みの親 フィリッポ・リッピ(1406-1469)イタリア/優美な線描や動的な表現は弟子のボッティチェリに受け継がれた ピエロ・デラ・フランチェスカ(1412-1492)イタリア/芸術と数学を融合、美に科学を持ち込んだ画家 ポライウォーロ(1429-1498)イタリア/解剖学的な知識を基にした人体表現が特徴 ベッリーニ(1430-1516)イタリア/色彩と光と大気を強調するヴェネツィア絵画の父、門下にジョルジョーネ、ティツィアーノ マンテーニャ(1431-1506)イタリア/人体解剖学的な筋肉の肉付けや極端な遠近法、遺跡への執着など学者的な探求心を持つ ヴェロッキオ(1435-1488)イタリア/フィレンチェ1繁盛した工房の親方、ボッチチェリやダビンチが弟子 ボッティチェッリ(1445-1510)イタリア/装飾性重視の表現や優美な線描、古代神話を中世以降で最も早く作品化

フラ・アンジェリコ作品

受胎告知(1440年45歳)フラ・アンジェリコ/約束事が省かれた簡素で静謐な受胎告知

約束事が省かれた簡素で静謐な受胎告知

中世の『受胎告知』と違い、聖霊を表す鳩や、聖母マリアの純潔の象徴である百合は描かれていない。鳩はマリアの頭上のメダイヨンの中にかすかに見えるだけ。『受胎告知』はサン・マルコ修道院2階の僧房の壁面に描かれている。絵の下には「この前を通って汚れなき聖なる処女の御姿を仰ぐとき、アヴェ・マリアを唱えることを忘れぬように」と書かれている。

マリアの処女性について独特の表現

通常、受胎告知の場面でマリアの処女性を表すのは白百合だが、フラ・アンジェリコは「周囲を壁が囲む、閉ざされた空間」で表現した。

受胎告知とは

処女マリアに天使のガブリエルが降り、マリアが聖霊によってキリストを妊娠したことを告げ、またマリアがそれを受け入れることを告げる出来事。

聖母マリアのポーズ

両手を前で交差させた聖母マリアの敬虞なポーズ。

マサッチオに学んだ遠近法

遠近法に従って描かれた建物は、この修道院の中庭の柱廊そっくりであるため、『受胎告知』がまさにここで起こっているかのような印象を与えている。

ピックアップ作品

楽園追放(1427年26歳)マサッチオ/画中の光と礼拝堂の自然光を巧みに利用、等身大に近い男女の裸体表現として美術史上もっとも初期の作品 石打ちの刑を受ける聖ステファヌス(1447-49年54歳)フラ・アンジェリコ/時代の最先端をいく空間表現、最高傑作と呼ばれた キリストの鞭打ち(1455-1460年48歳)ピエロ・デラ・フランチェスカ/初期ルネサンス絵画が到達した遠近法的空間表現の完成形態 ピエタ(1460年30歳)ベッリーニ/イエスの苦しみに感情移入できる作品 聖母子と二天使(1465年59歳)フィリッポ・リッピ キリストの洗礼(1472-75年40歳)ヴェロッキオ/ダヴィンチの描いた部分が上手すぎて、ヴェロッキオが画家をやめた作品 春(1477-78年33歳)ボッティチェッリ/登場人物を横一列に配置、但しヴィーナスは一段高い 死せるキリスト(1490年41歳)マンテーニャ/磔刑のむごさを表す独特な構図
PAGE TOP