初期ルネサンス画家一覧

(1395-1455)イタリア/神の思し召しによって絵を描く マサッチオ(1401-1428)イタリア/平面に初めて三次元空間を再現、ルネサンスの生みの親 フィリッポ・リッピ(1406-1469)イタリア/優美な線描や動的な表現は弟子のボッティチェリに受け継がれた ピエロ・デラ・フランチェスカ(1412-1492)イタリア/芸術と数学を融合、美に科学を持ち込んだ画家 ポライウォーロ(1429-1498)イタリア/解剖学的な知識を基にした人体表現が特徴 ベッリーニ(1430-1516)イタリア/宗教画の背景描写がみずみずしい、門下にジョルジョーネ、ティツィアーノ マンテーニャ(1431-1506)イタリア/人体解剖学的な筋肉の肉付けや極端な遠近法、遺跡への執着など学者的な探求心を持つ ヴェロッキオ(1435-1488)イタリア/フィレンチェ1繁盛した工房の親方、ボッチチェリやダビンチが弟子 ボッティチェッリ(1445-1510)イタリア/装飾性重視の表現や優美な線描、古代神話を中世以降で最も早く作品化

ピエロ・デラ・フランチェスカ作品

モンテフェルトロ祭壇画(1474)ピエロ・デラ・フランチェスカ/計算されたシンプルで理知的な構図

計算されたシンプルで理知的な構図

人物をほぼ横一列に配することによって、画面内に理知的で秩序だった安定感を生み出している。また作品が見せる奥行、光線と影、人物と背景のとぎれることのない連結感など、この作品が後世に与えた影響は計り知れない。

ミラノのブレラ美術館にある“モンテフェルトロ祭壇画”は、ピエロ・デッラ・フランチェスカの芸術の総合体ともいえる、画家円熟期の最もよく知られた作品のひとつ。ウルビーノ公フェデリコ・ダ・モンテフェルトロから寄進されたことから、「モンテフェルトロ祭壇画」と呼称されるようになった。

聖会話の最高峰

聖母子の周りに聖人たちが一堂に会する場面の事。左から、洗礼者ヨハネ、聖ベルナルディーノ、聖ヒエロニムス、聖フランチェスコ、殉教者聖ペトルス、福音書記者聖ヨハネという順番。完成度の高さから聖会話の最高峰と言われている。

イエスが身につけているサンゴ

幼いキリストの胸にかけられているのは、十字架上で流された血を象徴する赤い珊瑚。

天井から吊るされた謎の卵

おそらくは駝鳥の卵がすっと吊り下げられているのが目を引く、これはイエスの誕生を暗示していると言われている。

各画家の代表作品

三位一体(1427)マサッチオ/正確な幾何学式遠近法によって描かれた最初の作品 受胎告知(1440)フラ・アンジェリコ/約束事が省かれた簡素で静謐な受胎告知 聖母子と二天使(1465)フィリッポ・リッピ 若い婦人の横顔(1465-70)ポライウォーロ モンテフェルトロ祭壇画(1474)ピエロ・デラ・フランチェスカ/計算されたシンプルで理知的な構図 キリストの洗礼(1472-75)ヴェロッキオ/ダヴィンチの描いた部分が上手すぎて、ヴェロッキオが画家をやめた作品 春(1477-78)ボッティチェッリ/登場人物を横一列に配置、但しヴィーナスは一段高い 死せるキリスト(1490)マンテーニャ/磔刑のむごさを表す独特な構図 レオナルド・ロレダン (1501)ベッリーニ
PAGE TOP